万葉集3497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3497番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3497番について

歌番号

3497番

原文

可波加美能|祢自路多可我夜|安也尓阿夜尓|左宿佐寐弖許曽|己登尓弖尓思可

訓読

川上の根白高萱あやにあやにさ寝さ寝てこそ言に出にしか

かな読み

かはかみの|ねじろたかがや|あやにあやに|さねさねてこそ|ことにでにしか

カタカナ読み

カハカミノ|ネジロタカガヤ|アヤニアヤニ|サネサネテコソ|コトニデニシカ

ローマ字読み|大文字

KAHAKAMINO|NEJIROTAKAGAYA|AYANIAYANI|SANESANETEKOSO|KOTONIDENISHIKA

ローマ字読み|小文字

kahakamino|nejirotakagaya|ayaniayani|sanesanetekoso|kotonidenishika

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|恋愛|譬喩|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

かはかみの[寛],
ねじろたかがや,[寛]ねしろたかかや,
あやにあやに[寛],
さねさねてこそ[寛],
ことにでにしか,[寛]ことにてにしか,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました