万葉集3526番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3526番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3526番について

歌番号

3526番

原文

奴麻布多都|可欲波等里我栖|安我己許呂|布多由久奈母等|奈与母波里曽祢

訓読

沼二つ通は鳥が巣我が心二行くなもとなよ思はりそね

かな読み

ぬまふたつ|かよはとりがす|あがこころ|ふたゆくなもと|なよもはりそね

カタカナ読み

ヌマフタツ|カヨハトリガス|アガココロ|フタユクナモト|ナヨモハリソネ

ローマ字読み|大文字

NUMAFUTATSU|KAYOHATORIGASU|AGAKOKORO|FUTAYUKUNAMOTO|NAYOMOHARISONE

ローマ字読み|小文字

numafutatsu|kayohatorigasu|agakokoro|futayukunamoto|nayomoharisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ぬまふたつ[寛],
かよはとりがす,[寛]かよはとりかせ,
あがこころ,[寛]あかこころ,
ふたゆくなもと[寛],
なよもはりそね[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました