万葉集3382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3382番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3382番について

歌番号

3382番

原文

宇麻具多能|祢呂乃佐左葉能|都由思母能|奴礼弖和伎奈婆|汝者故布婆曽毛

訓読

馬来田の嶺ろの笹葉の露霜の濡れて我来なば汝は恋ふばぞも

かな読み

うまぐたの|ねろのささはの|つゆしもの|ぬれてわきなば|なはこふばぞも

カタカナ読み

ウマグタノ|ネロノササハノ|ツユシモノ|ヌレテワキナバ|ナハコフバゾモ

ローマ字読み|大文字

UMAGUTANO|NERONOSASAHANO|TSUYUSHIMONO|NURETEWAKINABA|NAHAKOFUBAZOMO

ローマ字読み|小文字

umagutano|neronosasahano|tsuyushimono|nuretewakinaba|nahakofubazomo

左注|左註

右二首上総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|木更津|地名|恋情|悲別

校異

毛【元】【類】母

寛永版本

うまぐたの,[寛]うまくたの,
ねろのささはの[寛],
つゆしもの[寛],
ぬれてわきなば,[寛]ぬれてわきなは,
なはこふばぞも,[寛]なはこふはそも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました