万葉集3406番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3406番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3406番について

歌番号

3406番

原文

可美都氣野|左野乃九久多知|乎里波夜志|安礼波麻多牟恵|許登之許受登母

訓読

上つ毛野佐野の茎立ち折りはやし我れは待たむゑ来とし来ずとも

かな読み

かみつけの|さののくくたち|をりはやし|あれはまたむゑ|ことしこずとも

カタカナ読み

カミツケノ|サノノククタチ|ヲリハヤシ|アレハマタムヱ|コトシコズトモ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|SANONOKUKUTACHI|ORIHAYASHI|AREHAMATAMUE|KOTOSHIKOZUTOMO

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|sanonokukutachi|orihayashi|arehamatamue|kotoshikozutomo

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|高崎|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かみつけの[寛],
さののくくたち[寛],
をりはやし[寛],
あれはまたむゑ[寛],
ことしこずとも,[寛]ことしこすとも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました