万葉集3483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3483番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3483番について

歌番号

3483番

原文

比流等家波|等<家>奈敝比毛乃|和賀西奈尓|阿比与流等可毛|欲流等家也須家

訓読

昼解けば解けなへ紐の我が背なに相寄るとかも夜解けやすけ

かな読み

ひるとけば|とけなへひもの|わがせなに|あひよるとかも|よるとけやすけ

カタカナ読み

ヒルトケバ|トケナヘヒモノ|ワガセナニ|アヒヨルトカモ|ヨルトケヤスケ

ローマ字読み|大文字

HIRUTOKEBA|TOKENAHEHIMONO|WAGASENANI|AHIYORUTOKAMO|YORUTOKEYASUKE

ローマ字読み|小文字

hirutokeba|tokenahehimono|wagasenani|ahiyorutokamo|yorutokeyasuke

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|恋情|妻問媿

校異

->家【西(右書)】【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

ひるとけば,[寛]ひるとけは,
とけなへひもの[寛],
わがせなに,[寛]わかせなに,
あひよるとかも[寛],
よるとけやすけ,[寛]よるとけやする,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました