万葉集3517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3517番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3517番について

歌番号

3517番

原文

思良久毛能|多要尓之伊毛乎|阿是西呂等|許己呂尓能里弖|許己婆可那之家

訓読

白雲の絶えにし妹をあぜせろと心に乗りてここば愛しけ

かな読み

しらくもの|たえにしいもを|あぜせろと|こころにのりて|ここばかなしけ

カタカナ読み

シラクモノ|タエニシイモヲ|アゼセロト|ココロニノリテ|ココバカナシケ

ローマ字読み|大文字

SHIRAKUMONO|TAENISHIIMO|AZESEROTO|KOKORONINORITE|KOKOBAKANASHIKE

ローマ字読み|小文字

shirakumono|taenishiimo|azeseroto|kokoroninorite|kokobakanashike

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|別離

校異

特に無し

寛永版本

しらくもの[寛],
たえにしいもを[寛],
あぜせろと,[寛]あせせろと,
こころにのりて[寛],
ここばかなしけ,[寛]ここはかなしけ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました