万葉集3505番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3505番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3505番について

歌番号

3505番

原文

宇知比佐都|美夜能瀬河泊能|可保婆奈能|孤悲天香眠良武|<伎>曽母許余比毛

訓読

うちひさつ宮能瀬川のかほ花の恋ひてか寝らむ昨夜も今夜も

かな読み

うちひさつ|みやのせがはの|かほばなの|こひてかぬらむ|きぞもこよひも

カタカナ読み

ウチヒサツ|ミヤノセガハノ|カホバナノ|コヒテカヌラム|キゾモコヨヒモ

ローマ字読み|大文字

UCHIHISATSU|MIYANOSEGAHANO|KAHOBANANO|KOHITEKANURAMU|KIZOMOKOYOHIMO

ローマ字読み|小文字

uchihisatsu|miyanosegahano|kahobanano|kohitekanuramu|kizomokoyohimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|長野県|植物|恋情

校異

泊【元】伯|->伎【西(左書)】【元】【類】【古】

寛永版本

うちひさつ,[寛]うちひさす,
みやのせがはの,[寛]みやのせかはの,
かほばなの,[寛]かほはなの,
こひてかぬらむ[寛],
きぞもこよひも,[寛]きそもこよひも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました