万葉集3476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3476番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3476番について

歌番号

3476番

原文

宇倍兒奈波|和奴尓故布奈毛|多刀都久能|努賀奈敝由家婆|故布思可流奈母

訓読

うべ子なは我ぬに恋ふなも立と月のぬがなへ行けば恋しかるなも

かな読み

うべこなは|わぬにこふなも|たとつくの|ぬがなへゆけば|こふしかるなも

カタカナ読み

ウベコナハ|ワヌニコフナモ|タトツクノ|ヌガナヘユケバ|コフシカルナモ

ローマ字読み|大文字

UBEKONAHA|WANUNIKOFUNAMO|TATOTSUKUNO|NUGANAHEYUKEBA|KOFUSHIKARUNAMO

ローマ字読み|小文字

ubekonaha|wanunikofunamo|tatotsukuno|nuganaheyukeba|kofushikarunamo

左注|左註

或本歌末句曰|奴我奈敝由家杼|和<奴><由賀>乃敝波

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|羈旅|恋情

校異

努->奴【元】【類】【紀】|賀由->由賀【万葉集略解】

寛永版本

うべこなは,[寛]うへこなは,
わぬにこふなも[寛],
たとつくの[寛],
ぬがなへゆけば,[寛]ぬかなへゆけは,
こふしかるなも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました