万葉集3383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3383番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3383番について

歌番号

3383番

原文

宇麻具多能|祢呂尓可久里為|可久太尓毛|久尓乃登保可婆|奈我目保里勢牟

訓読

馬来田の嶺ろに隠り居かくだにも国の遠かば汝が目欲りせむ

かな読み

うまぐたの|ねろにかくりゐ|かくだにも|くにのとほかば|ながめほりせむ

カタカナ読み

ウマグタノ|ネロニカクリヰ|カクダニモ|クニノトホカバ|ナガメホリセム

ローマ字読み|大文字

UMAGUTANO|NERONIKAKURII|KAKUDANIMO|KUNINOTOHOKABA|NAGAMEHORISEMU

ローマ字読み|小文字

umagutano|neronikakurii|kakudanimo|kuninotohokaba|nagamehorisemu

左注|左註

右二首上総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|地名|木更津|羈旅|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

うまぐたの,[寛]うまくたの,
ねろにかくりゐ[寛],
かくだにも,[寛]かくたにも,
くにのとほかば,[寛]くにのとほかは,
ながめほりせむ,[寛]なかめほりせむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました