万葉集3499番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3499番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3499番について

歌番号

3499番

原文

乎可尓与西|和我可流加夜能|佐祢加夜能|麻許等奈其夜波|祢呂等敝奈香母

訓読

岡に寄せ我が刈る萱のさね萱のまことなごやは寝ろとへなかも

かな読み

をかによせ|わがかるかやの|さねかやの|まことなごやは|ねろとへなかも

カタカナ読み

ヲカニヨセ|ワガカルカヤノ|サネカヤノ|マコトナゴヤハ|ネロトヘナカモ

ローマ字読み|大文字

OKANIYOSE|WAGAKARUKAYANO|SANEKAYANO|MAKOTONAGOYAHA|NEROTOHENAKAMO

ローマ字読み|小文字

okaniyose|wagakarukayano|sanekayano|makotonagoyaha|nerotohenakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|譬喩|恋愛|勧誘

校異

特に無し

寛永版本

をかによせ[寛],
わがかるかやの,[寛]わかかるかやの,
さねかやの[寛],
まことなごやは,[寛]まことなこやは,
ねろとへなかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました