万葉集3501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3501番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3501番について

歌番号

3501番

原文

安波乎呂能|乎呂田尓於波流|多波美豆良|比可婆奴流奴留|安乎許等奈多延

訓読

安波峰ろの峰ろ田に生はるたはみづら引かばぬるぬる我を言な絶え

かな読み

あはをろの|をろたにおはる|たはみづら|ひかばぬるぬる|あをことなたえ

カタカナ読み

アハヲロノ|ヲロタニオハル|タハミヅラ|ヒカバヌルヌル|アヲコトナタエ

ローマ字読み|大文字

AHAORONO|OROTANIOHARU|TAHAMIZURA|HIKABANURUNURU|AOKOTONATAE

ローマ字読み|小文字

ahaorono|orotanioharu|tahamizura|hikabanurunuru|aokotonatae

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|千葉県|植物|序詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あはをろの[寛],
をろたにおはる[寛],
たはみづら,[寛]たはみつら,
ひかばぬるぬる,[寛]ひかはぬるぬる,
あをことなたえ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました