万葉集3512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3512番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3512番について

歌番号

3512番

原文

比登祢呂尓|伊波流毛能可良|安乎祢呂尓|伊佐欲布久母能|余曽里都麻波母

訓読

一嶺ろに言はるものから青嶺ろにいさよふ雲の寄そり妻はも

かな読み

ひとねろに|いはるものから|あをねろに|いさよふくもの|よそりづまはも

カタカナ読み

ヒトネロニ|イハルモノカラ|アヲネロニ|イサヨフクモノ|ヨソリヅマハモ

ローマ字読み|大文字

HITONERONI|IHARUMONOKARA|AONERONI|ISAYOFUKUMONO|YOSORIZUMAHAMO

ローマ字読み|小文字

hitoneroni|iharumonokara|aoneroni|isayofukumono|yosorizumahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

ひとねろに[寛],
いはるものから[寛],
あをねろに[寛],
いさよふくもの[寛],
よそりづまはも,[寛]よそりつまはも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました