万葉集3491番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3491番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3491番について

歌番号

3491番

原文

楊奈疑許曽|伎礼波伴要須礼|余能比等乃|古非尓思奈武乎|伊可尓世余等曽

訓読

柳こそ伐れば生えすれ世の人の恋に死なむをいかにせよとぞ

かな読み

やなぎこそ|きればはえすれ|よのひとの|こひにしなむを|いかにせよとぞ

カタカナ読み

ヤナギコソ|キレバハエスレ|ヨノヒトノ|コヒニシナムヲ|イカニセヨトゾ

ローマ字読み|大文字

YANAGIKOSO|KIREBAHAESURE|YONOHITONO|KOHINISHINAMUO|IKANISEYOTOZO

ローマ字読み|小文字

yanagikoso|kirebahaesure|yonohitono|kohinishinamuo|ikaniseyotozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

やなぎこそ,[寛]やなきこそ,
きればはえすれ,[寛]きれははえすれ,
よのひとの[寛],
こひにしなむを[寛],
いかにせよとぞ,[寛]いかにせよとそ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました