万葉集3415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3415番について

歌番号

3415番

原文

可美都氣努|伊可保乃奴麻尓|宇恵古奈<宜>|可久古非牟等夜|多祢物得米家武

訓読

上つ毛野伊香保の沼に植ゑ小水葱かく恋ひむとや種求めけむ

かな読み

かみつけの|いかほのぬまに|うゑこなぎ|かくこひむとや|たねもとめけむ

カタカナ読み

カミツケノ|イカホノヌマニ|ウヱコナギ|カクコヒムトヤ|タネモトメケム

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|IKAHONONUMANI|UEKONAGI|KAKUKOHIMUTOYA|TANEMOTOMEKEMU

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|ikahononumani|uekonagi|kakukohimutoya|tanemotomekemu

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|伊香保|植物|譬喩|恋情|反省

校異

伎->宜【元】【類】【古】

寛永版本

かみつけの[寛],
いかほのぬまに[寛],
うゑこなぎ,[寛]うゑこなき,
かくこひむとや[寛],
たねもとめけむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました