万葉集3506番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3506番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3506番について

歌番号

3506番

原文

尓比牟路能|許騰伎尓伊多礼婆|波太須酒伎|穂尓弖之伎美我|見延奴己能許呂

訓読

新室のこどきに至ればはだすすき穂に出し君が見えぬこのころ

かな読み

にひむろの|こどきにいたれば|はだすすき|ほにでしきみが|みえぬこのころ

カタカナ読み

ニヒムロノ|コドキニイタレバ|ハダススキ|ホニデシキミガ|ミエヌコノコロ

ローマ字読み|大文字

NIHIMURONO|KODOKINIITAREBA|HADASUSUKI|HONIDESHIKIMIGA|MIENUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

nihimurono|kodokiniitareba|hadasusuki|honideshikimiga|mienukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|諸物|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

にひむろの[寛],
こどきにいたれば,[寛]こときにいたれは,
はだすすき,[寛]はたすすき,
ほにでしきみが,[寛]ほにてしきみか,
みえぬこのころ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました