万葉集3524番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3524番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3524番について

歌番号

3524番

原文

麻乎其母能|布能<末>知可久弖|安波奈敝波|於吉都麻可母能|奈氣伎曽安我須流

訓読

まを薦の節の間近くて逢はなへば沖つま鴨の嘆きぞ我がする

かな読み

まをごもの|ふのまちかくて|あはなへば|おきつまかもの|なげきぞあがする

カタカナ読み

マヲゴモノ|フノマチカクテ|アハナヘバ|オキツマカモノ|ナゲキゾアガスル

ローマ字読み|大文字

MAOGOMONO|FUNOMACHIKAKUTE|AHANAHEBA|OKITSUMAKAMONO|NAGEKIZOAGASURU

ローマ字読み|小文字

maogomono|funomachikakute|ahanaheba|okitsumakamono|nagekizoagasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|動物|序詞|恋情

校異

未->末【細】

寛永版本

まをごもの,[寛]まをこもの,
ふのまちかくて,[寛]ふのみちかくて,
あはなへば,[寛]あはなへは,
おきつまかもの[寛],
なげきぞあがする,[寛]なけきそあかする,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました