万葉集3485番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3485番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3485番について

歌番号

3485番

原文

都流伎多知|身尓素布伊母乎|等里見我祢|哭乎曽奈伎都流|手兒尓安良奈久尓

訓読

剣大刀身に添ふ妹を取り見がね音をぞ泣きつる手児にあらなくに

かな読み

つるぎたち|みにそふいもを|とりみがね|ねをぞなきつる|てごにあらなくに

カタカナ読み

ツルギタチ|ミニソフイモヲ|トリミガネ|ネヲゾナキツル|テゴニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

TSURUGITACHI|MINISOFUIMO|TORIMIGANE|NEOZONAKITSURU|TEGONIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

tsurugitachi|minisofuimo|torimigane|neozonakitsuru|tegoniaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

つるぎたち,[寛]つるきたち,
みにそふいもを[寛],
とりみがね,[寛]とりみかね,
ねをぞなきつる,[寛]ねをそなきつる,
てごにあらなくに,[寛]てこにあらなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました