万葉集3352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3352番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3352番について

歌番号

3352番

原文

信濃奈流|須我能安良能尓|保登等藝須|奈久許恵伎氣<婆>|登伎須疑尓家里

訓読

信濃なる須我の荒野に霍公鳥鳴く声聞けば時過ぎにけり

かな読み

しなぬなる|すがのあらのに|ほととぎす|なくこゑきけば|ときすぎにけり

カタカナ読み

シナヌナル|スガノアラノニ|ホトトギス|ナクコヱキケバ|トキスギニケリ

ローマ字読み|大文字

SHINANUNARU|SUGANOARANONI|HOTOTOGISU|NAKUKOEKIKEBA|TOKISUGINIKERI

ローマ字読み|小文字

shinanunaru|suganoaranoni|hototogisu|nakukoekikeba|tokisuginikeri

左注|左註

右一首信濃國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|長野県|地名|真田町|菅平|動物|別離|農事|女歌

校異

波->婆【紀】【細】

寛永版本

しなぬなる,[寛]しなのなる,
すがのあらのに,[寛]すかのあらのに,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくこゑきけば,[寛]なくこゑきけは,
ときすぎにけり,[寛]ときすきにけり,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました