万葉集3464番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3464番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3464番について

歌番号

3464番

原文

比登其登乃|之氣吉尓余里弖|麻乎其母能|於夜自麻久良波|和波麻可自夜毛

訓読

人言の繁きによりてまを薦の同じ枕は我はまかじやも

かな読み

ひとごとの|しげきによりて|まをごもの|おやじまくらは|わはまかじやも

カタカナ読み

ヒトゴトノ|シゲキニヨリテ|マヲゴモノ|オヤジマクラハ|ワハマカジヤモ

ローマ字読み|大文字

HITOGOTONO|SHIGEKINIYORITE|MAOGOMONO|OYAJIMAKURAHA|WAHAMAKAJIYAMO

ローマ字読み|小文字

hitogotono|shigekiniyorite|maogomono|oyajimakuraha|wahamakajiyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|尫柜蹋|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ひとごとの,[寛]ひとことの,
しげきによりて,[寛]しけきによりて,
まをごもの,[寛]まをこもの,
おやじまくらは,[寛]おやしまくらは,
わはまかじやも,[寛]わはまかしやも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました