万葉集3349番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3349番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3349番について

歌番号

3349番

原文

可豆思加乃|麻萬能宇良<未>乎|許具布祢能|布奈妣等佐和久|奈美多都良思母

訓読

葛飾の真間の浦廻を漕ぐ船の船人騒く波立つらしも

かな読み

かづしかの|ままのうらみを|こぐふねの|ふなびとさわく|なみたつらしも

カタカナ読み

カヅシカノ|ママノウラミヲ|コグフネノ|フナビトサワク|ナミタツラシモ

ローマ字読み|大文字

KAZUSHIKANO|MAMANORAMIO|KOGUFUNENO|FUNABITOSAWAKU|NAMITATSURASHIMO

ローマ字読み|小文字

kazushikano|mamanoramio|kogufuneno|funabitosawaku|namitatsurashimo

左注|左註

右一首下総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|千葉県|地名|葛飾区|市原市|景物

校異

末->未【万葉集古義】

寛永版本

かづしかの,[寛]かつしかの,
ままのうらみを,[寛]ままのうらまを,
こぐふねの,[寛]こくふねの,
ふなびとさわく,[寛]ふなひとさわく,
なみたつらしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました