万葉集3523番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3523番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3523番について

歌番号

3523番

原文

佐可故要弖|阿倍乃田能毛尓|為流多豆乃|等毛思吉伎美波|安須左倍母我毛

訓読

坂越えて安倍の田の面に居る鶴のともしき君は明日さへもがも

かな読み

さかこえて|あへのたのもに|ゐるたづの|ともしききみは|あすさへもがも

カタカナ読み

サカコエテ|アヘノタノモニ|ヰルタヅノ|トモシキキミハ|アスサヘモガモ

ローマ字読み|大文字

SAKAKOETE|AHENOTANOMONI|IRUTAZUNO|TOMOSHIKIKIMIHA|ASUSAHEMOGAMO

ローマ字読み|小文字

sakakoete|ahenotanomoni|irutazuno|tomoshikikimiha|asusahemogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|静岡県|序詞|動物|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

さかこえて[寛],
あへのたのもに[寛],
ゐるたづの,[寛]あるたつの,
ともしききみは[寛],
あすさへもがも,[寛]あすさへもかも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました