万葉集3448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3448番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3448番について

歌番号

3448番

原文

波奈治良布|己能牟可都乎乃|乎那能乎能|比自尓都久麻提|伎美我与母賀母

訓読

花散らふこの向つ峰の乎那の峰のひじにつくまで君が代もがも

かな読み

はなぢらふ|このむかつをの|をなのをの|ひじにつくまで|きみがよもがも

カタカナ読み

ハナヂラフ|コノムカツヲノ|ヲナノヲノ|ヒジニツクマデ|キミガヨモガモ

ローマ字読み|大文字

HANAJIRAFU|KONOMUKATSUONO|ONANONO|HIJINITSUKUMADE|KIMIGAYOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

hanajirafu|konomukatsuono|onanono|hijinitsukumade|kimigayomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|地名|静岡県|引佐郡|三日ヶ町|尾奈山|寿歌|長久

校異

特に無し

寛永版本

はなぢらふ,[寛]はなちらふ,
このむかつをの[寛],
をなのをの[寛],
ひじにつくまで,[寛]ひしにつくさま,
きみがよもがも,[寛]きみかよもかも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました