万葉集3457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3457番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3457番について

歌番号

3457番

原文

宇知日佐須|美夜能和我世波|夜麻<登>女乃|比射麻久其登尓|安乎和須良須奈

訓読

うちひさす宮の我が背は大和女の膝まくごとに我を忘らすな

かな読み

うちひさす|みやのわがせは|やまとめの|ひざまくごとに|あをわすらすな

カタカナ読み

ウチヒサス|ミヤノワガセハ|ヤマトメノ|ヒザマクゴトニ|アヲワスラスナ

ローマ字読み|大文字

UCHIHISASU|MIYANOWAGASEHA|YAMATOMENO|HIZAMAKUGOTONI|AOWASURASUNA

ローマ字読み|小文字

uchihisasu|miyanowagaseha|yamatomeno|hizamakugotoni|aowasurasuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋愛|不安|別離|女歌

校異

等->登【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

うちひさす[寛],
みやのわがせは,[寛]みやのわかせは,
やまとめの[寛],
ひざまくごとに,[寛]ひさまくことに,
あをわすらすな[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました