万葉集3456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3456番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3456番について

歌番号

3456番

原文

宇都世美能|夜蘇許登乃敝波|思氣久等母|安良蘇比可祢弖|安乎許登奈須那

訓読

うつせみの八十言のへは繁くとも争ひかねて我を言なすな

かな読み

うつせみの|やそことのへは|しげくとも|あらそひかねて|あをことなすな

カタカナ読み

ウツセミノ|ヤソコトノヘハ|シゲクトモ|アラソヒカネテ|アヲコトナスナ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|YASOKOTONOHEHA|SHIGEKUTOMO|ARASOHIKANETE|AOKOTONASUNA

ローマ字読み|小文字

utsusemino|yasokotonoheha|shigekutomo|arasohikanete|aokotonasuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|尫柜蹋|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
やそことのへは,[寛]よそことのへは,
しげくとも,[寛]しけくとも,
あらそひかねて[寛],
あをことなすな[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました