万葉集3348番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3348番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3348番について

歌番号

3348番

原文

奈都素妣久|宇奈加美我多能|於伎都渚尓|布袮波等<杼>米牟|佐欲布氣尓家里

訓読

夏麻引く海上潟の沖つ洲に船は留めむさ夜更けにけり

かな読み

なつそびく|うなかみがたの|おきつすに|ふねはとどめむ|さよふけにけり

カタカナ読み

ナツソビク|ウナカミガタノ|オキツスニ|フネハトドメム|サヨフケニケリ

ローマ字読み|大文字

NATSUSOBIKU|UNAKAMIGATANO|OKITSUSUNI|FUNEHATODOMEMU|SAYOFUKENIKERI

ローマ字読み|小文字

natsusobiku|unakamigatano|okitsusuni|funehatodomemu|sayofukenikeri

左注|左註

右一首上総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|千葉県|枕詞|市原市|地名

校異

抒->杼【類】【古】【京】

寛永版本

なつそびく,[寛]なつそひく,
うなかみがたの,[寛]うなかみかたの,
おきつすに[寛],
ふねはとどめむ,[寛]ふねはととめむ,
さよふけにけり[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました