万葉集3449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3449番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3449番について

歌番号

3449番

原文

思路多倍乃|許呂母能素R乎|麻久良我欲|安麻許伎久見由|奈美多都奈由米

訓読

白栲の衣の袖を麻久良我よ海人漕ぎ来見ゆ波立つなゆめ

かな読み

しろたへの|ころものそでを|まくらがよ|あまこぎくみゆ|なみたつなゆめ

カタカナ読み

シロタヘノ|コロモノソデヲ|マクラガヨ|アマコギクミユ|ナミタツナユメ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|KOROMONOSODEO|MAKURAGAYO|AMAKOGIKUMIYU|NAMITATSUNAYUME

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|koromonosodeo|makuragayo|amakogikumiyu|namitatsunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|枕詞|地名|茨城県|古川市|掛詞

校異

特に無し

寛永版本

しろたへの[寛],
ころものそでを,[寛]ころものそてを,
まくらがよ,[寛]まくらかよ,
あまこぎくみゆ,[寛]あまこきくみゆ,
なみたつなゆめ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました