万葉集3412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3412番について

歌番号

3412番

原文

賀美都家野|久路保乃祢呂乃|久受葉我多|可奈師家兒良尓|伊夜射可里久母

訓読

上つ毛野久路保の嶺ろの葛葉がた愛しけ子らにいや離り来も

かな読み

かみつけの|くろほのねろの|くずはがた|かなしけこらに|いやざかりくも

カタカナ読み

カミツケノ|クロホノネロノ|クズハガタ|カナシケコラニ|イヤザカリクモ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|KUROHONONERONO|KUZUHAGATA|KANASHIKEKORANI|IYAZAKARIKUMO

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|kurohononerono|kuzuhagata|kanashikekorani|iyazakarikumo

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|赤城山|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かみつけの[寛],
くろほのねろの[寛],
くずはがた,[寛]くすはかた,
かなしけこらに[寛],
いやざかりくも,[寛]いやさかりくも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました