万葉集3451番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3451番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3451番について

歌番号

3451番

原文

左奈都良能|乎可尓安波麻伎|可奈之伎我|<古>麻波多具等毛|和波素登毛波自

訓読

左奈都良の岡に粟蒔き愛しきが駒は食ぐとも我はそとも追じ

かな読み

さなつらの|をかにあはまき|かなしきが|こまはたぐとも|わはそともはじ

カタカナ読み

サナツラノ|ヲカニアハマキ|カナシキガ|コマハタグトモ|ワハソトモハジ

ローマ字読み|大文字

SANATSURANO|OKANIAHAMAKI|KANASHIKIGA|KOMAHATAGUTOMO|WAHASOTOMOHAJI

ローマ字読み|小文字

sanatsurano|okaniahamaki|kanashikiga|komahatagutomo|wahasotomohaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|地名|植物|動物|女歌|宴席

校異

古【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

さなつらの[寛],
をかにあはまき[寛],
かなしきが,[寛]かなしきか,
こまはたぐとも,[寛]こまはたくとも,
わはそともはじ,[寛]わはそともはし,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました