万葉集3392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3392番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3392番について

歌番号

3392番

原文

筑波祢乃|伊波毛等杼呂尓|於都流美豆|代尓毛多由良尓|和我於毛波奈久尓

訓読

筑波嶺の岩もとどろに落つる水よにもたゆらに我が思はなくに

かな読み

つくはねの|いはもとどろに|おつるみづ|よにもたゆらに|わがおもはなくに

カタカナ読み

ツクハネノ|イハモトドロニ|オツルミヅ|ヨニモタユラニ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANENO|IHAMOTODORONI|OTSURUMIZU|YONIMOTAYURANI|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneno|ihamotodoroni|otsurumizu|yonimotayurani|wagaomohanakuni

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|地名|筑波山|序詞|恋情

校異

於毛【元】毛

寛永版本

つくはねの[寛],
いはもとどろに,[寛]いはもととろに,
おつるみづ,[寛]おつるみつ,
よにもたゆらに[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました