万葉集3389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3389番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3389番について

歌番号

3389番

原文

伊毛我可度|伊夜等保曽吉奴|都久波夜麻|可久礼奴保刀尓|蘇提婆布利弖奈

訓読

妹が門いや遠そきぬ筑波山隠れぬほとに袖は振りてな

かな読み

いもがかど|いやとほそきぬ|つくはやま|かくれぬほとに|そではふりてな

カタカナ読み

イモガカド|イヤトホソキヌ|ツクハヤマ|カクレヌホトニ|ソデハフリテナ

ローマ字読み|大文字

IMOGAKADO|IYATOHOSOKINU|TSUKUHAYAMA|KAKURENUHOTONI|SODEHAFURITENA

ローマ字読み|小文字

imogakado|iyatohosokinu|tsukuhayama|kakurenuhotoni|sodehafuritena

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|筑波山|地名|別離|羈旅|恋情

校異

婆【類】波

寛永版本

いもがかど,[寛]いもかかと,
いやとほそきぬ[寛],
つくはやま[寛],
かくれぬほとに[寛],
そではふりてな,[寛]そてはふりてな,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました