万葉集3509番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3509番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3509番について

歌番号

3509番

原文

多久夫須麻|之良夜麻可是能|宿奈敝杼母|古呂賀於曽伎能|安路許曽要志母

訓読

栲衾白山風の寝なへども子ろがおそきのあろこそえしも

かな読み

たくぶすま|しらやまかぜの|ねなへども|ころがおそきの|あろこそえしも

カタカナ読み

タクブスマ|シラヤマカゼノ|ネナヘドモ|コロガオソキノ|アロコソエシモ

ローマ字読み|大文字

TAKUBUSUMA|SHIRAYAMAKAZENO|NENAHEDOMO|KOROGAOSOKINO|AROKOSOESHIMO

ローマ字読み|小文字

takubusuma|shirayamakazeno|nenahedomo|korogaosokino|arokosoeshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|地名|石川県

校異

特に無し

寛永版本

たくぶすま,[寛]たくふすま,
しらやまかぜの,[寛]しらやまかせの,
ねなへども,[寛]ねなへとも,
ころがおそきの,[寛]ころかおそきの,
あろこそえしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました