万葉集3492番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3492番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3492番について

歌番号

3492番

原文

乎夜麻田乃|伊氣能都追美尓|左須楊奈疑|奈里毛奈良受毛|奈等布多里波母

訓読

小山田の池の堤にさす柳成りも成らずも汝と二人はも

かな読み

をやまだの|いけのつつみに|さすやなぎ|なりもならずも|なとふたりはも

カタカナ読み

ヲヤマダノ|イケノツツミニ|サスヤナギ|ナリモナラズモ|ナトフタリハモ

ローマ字読み|大文字

OYAMADANO|IKENOTSUTSUMINI|SASUYANAGI|NARIMONARAZUMO|NATOFUTARIHAMO

ローマ字読み|小文字

oyamadano|ikenotsutsumini|sasuyanagi|narimonarazumo|natofutarihamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

をやまだの,[寛]をやまたの,
いけのつつみに[寛],
さすやなぎ,[寛]さすやなき,
なりもならずも,[寛]なりもならすも,
なとふたりはも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました