万葉集3396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3396番について

歌番号

3396番

原文

乎都久波乃|之氣吉許能麻欲|多都登利能|目由可汝乎見牟|左祢射良奈久尓

訓読

小筑波の茂き木の間よ立つ鳥の目ゆか汝を見むさ寝ざらなくに

かな読み

をづくはの|しげきこのまよ|たつとりの|めゆかなをみむ|さねざらなくに

カタカナ読み

ヲヅクハノ|シゲキコノマヨ|タツトリノ|メユカナヲミム|サネザラナクニ

ローマ字読み|大文字

OZUKUHANO|SHIGEKIKONOMAYO|TATSUTORINO|MEYUKANAOMIMU|SANEZARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

ozukuhano|shigekikonomayo|tatsutorino|meyukanaomimu|sanezaranakuni

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|地名|筑波山|恋情|別離|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

をづくはの,[寛]をつくはの,
しげきこのまよ,[寛]しけきこのまよ,
たつとりの[寛],
めゆかなをみむ[寛],
さねざらなくに,[寛]さねさらなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました