万葉集3208番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3208番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3208番について

歌番号

3208番

原文

久将在|君念尓|久堅乃|清月夜毛|闇夜耳見

訓読

久にあらむ君を思ふにひさかたの清き月夜も闇の夜に見ゆ

かな読み

ひさにあらむ|きみをおもふに|ひさかたの|きよきつくよも|やみのよにみゆ

カタカナ読み

ヒサニアラム|キミヲオモフニ|ヒサカタノ|キヨキツクヨモ|ヤミノヨニミユ

ローマ字読み|大文字

HISANIARAMU|KIMIOMOFUNI|HISAKATANO|KIYOKITSUKUYOMO|YAMINOYONIMIYU

ローマ字読み|小文字

hisaniaramu|kimiomofuni|hisakatano|kiyokitsukuyomo|yaminoyonimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|旅立ち|女歌|不安|恋情

校異

耳(塙)所

寛永版本

ひさにあらむ[寛],
きみをおもふに[寛],
ひさかたの[寛],
きよきつくよも,[寛]きよきつきよも,
やみのよにみゆ,[寛]やみにのみみゆ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました