万葉集3056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3056番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3056番について

歌番号

3056番

原文

妹門|去過不得而|草結|風吹解勿|又将顧|[一云|直相麻<弖>尓]

訓読

妹が門行き過ぎかねて草結ぶ風吹き解くなまたかへり見む|[一云|直に逢ふまでに]

かな読み

いもがかど|ゆきすぎかねて|くさむすぶ|かぜふきとくな|またかへりみむ|[ただにあふまでに]

カタカナ読み

イモガカド|ユキスギカネテ|クサムスブ|カゼフキトクナ|マタカヘリミム|[タダニアフマデニ]

ローマ字読み|大文字

IMOGAKADO|YUKISUGIKANETE|KUSAMUSUBU|KAZEFUKITOKUNA|MATAKAHERIMIMU|[TADANIAFUMADENI]

ローマ字読み|小文字

imogakado|yukisugikanete|kusamusubu|kazefukitokuna|matakaherimimu|[tadaniafumadeni]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|恋情

校異

土->弖【古】【紀】【細】

寛永版本

いもがかど,[寛]いもかかと,
ゆきすぎかねて,[寛]ゆきすきかねて,
くさむすぶ,[寛]くさむすふ,
かぜふきとくな,[寛]かせふきとくな,
またかへりみむ[寛],
[ただにあふまでに],[寛]たたにあふまてに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました