万葉集3201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3201番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3201番について

歌番号

3201番

原文

時風|吹飯乃濱尓|出居乍|贖命者|妹之為社

訓読

時つ風吹飯の浜に出で居つつ贖ふ命は妹がためこそ

かな読み

ときつかぜ|ふけひのはまに|いでゐつつ|あかふいのちは|いもがためこそ

カタカナ読み

トキツカゼ|フケヒノハマニ|イデヰツツ|アカフイノチハ|イモガタメコソ

ローマ字読み|大文字

TOKITSUKAZE|FUKEHINOHAMANI|IDEITSUTSU|AKAFUINOCHIHA|IMOGATAMEKOSO

ローマ字読み|小文字

tokitsukaze|fukehinohamani|ideitsutsu|akafuinochiha|imogatamekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|枕詞|大阪|岬町深日|恋情|望郷|手向醎|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

ときつかぜ,[寛]ときつかせ,
ふけひのはまに[寛],
いでゐつつ,[寛]いてゐつつ,
あかふいのちは[寛],
いもがためこそ,[寛]いもかためこそ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました