万葉集2874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2874番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2874番について

歌番号

2874番

原文

り|使乎無跡|情乎曽|使尓遣之|夢所見哉

訓読

確かなる使をなみと心をぞ使に遣りし夢に見えきや

かな読み

たしかなる|つかひをなみと|こころをぞ|つかひにやりし|いめにみえきや

カタカナ読み

タシカナル|ツカヒヲナミト|ココロヲゾ|ツカヒニヤリシ|イメニミエキヤ

ローマ字読み|大文字

TASHIKANARU|TSUKAHIONAMITO|KOKOROZO|TSUKAHINIYARISHI|IMENIMIEKIYA

ローマ字読み|小文字

tashikanaru|tsukahionamito|kokorozo|tsukahiniyarishi|imenimiekiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

たしかなる[寛],
つかひをなみと,[寛]つかひをなしと,
こころをぞ,[寛]こころをそ,
つかひにやりし[寛],
いめにみえきや,[寛]ゆめにみえきや,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました