万葉集2894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2894番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2894番について

歌番号

2894番

原文

従聞|物乎念者|我る者|破而摧而|鋒心無

訓読

聞きしより物を思へば我が胸は破れて砕けて利心もなし

かな読み

ききしより|ものをおもへば|あがむねは|われてくだけて|とごころもなし

カタカナ読み

キキシヨリ|モノヲオモヘバ|アガムネハ|ワレテクダケテ|トゴコロモナシ

ローマ字読み|大文字

KIKISHIYORI|MONOOMOHEBA|AGAMUNEHA|WARETEKUDAKETE|TOGOKOROMONASHI

ローマ字読み|小文字

kikishiyori|monoomoheba|agamuneha|waretekudakete|togokoromonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

ききしより[寛],
ものをおもへば,[寛]ものをおもへは,
あがむねは,[寛]わかむねは,
われてくだけて,[寛]われてくたけて,
とごころもなし,[寛]とこころもなし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました