万葉集2991番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2991番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2991番について

歌番号

2991番

原文

垂乳根之|母我養蚕乃|眉隠|馬聲蜂音石花蜘ろ荒鹿|異母二不相而

訓読

たらちねの母が飼ふ蚕の繭隠りいぶせくもあるか妹に逢はずして

かな読み

たらちねの|ははがかふこの|まよごもり|いぶせくもあるか|いもにあはずして

カタカナ読み

タラチネノ|ハハガカフコノ|マヨゴモリ|イブセクモアルカ|イモニアハズシテ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHAGAKAFUKONO|MAYOGOMORI|IBUSEKUMOARUKA|IMONIAHAZUSHITE

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahagakafukono|mayogomori|ibusekumoaruka|imoniahazushite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|繭|恋情|戯書

校異

特に無し

寛永版本

たらちねの[寛],
ははがかふこの,[寛]ははかかふこの,
まよごもり,[寛]まゆこもり,
いぶせくもあるか,[寛]いふせくもあるか,
いもにあはずして,[寛]いもにあはすて,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました