万葉集3017番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3017番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3017番について

歌番号

3017番

原文

足桧木之|山川水之|音不出|人之子姤|戀渡青頭鶏

訓読

あしひきの山川水の音に出でず人の子ゆゑに恋ひわたるかも

かな読み

あしひきの|やまがはみづの|おとにいでず|ひとのこゆゑに|こひわたるかも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマガハミヅノ|オトニイデズ|ヒトノコユヱニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAGAHAMIZUNO|OTONIIDEZU|HITONOKOYUENI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamagahamizuno|otoniidezu|hitonokoyueni|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|尫柜蹋|序詞|恋情

校異

桧木【元】【類】【古】(塙)桧

寛永版本

あしひきの[寛],
やまがはみづの,[寛]やまかはみつの,
おとにいでず,[寛]おとにいてす,
ひとのこゆゑに,[寛]ひとのこゆへに,
こひわたるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました