万葉集2994番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2994番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2994番について

歌番号

2994番

原文

玉蘰|不懸時無|戀<友>|何如妹尓|相時毛名寸

訓読

玉葛懸けぬ時なく恋ふれども何しか妹に逢ふ時もなき

かな読み

たまかづら|かけぬときなく|こふれども|なにしかいもに|あふときもなき

カタカナ読み

タマカヅラ|カケヌトキナク|コフレドモ|ナニシカイモニ|アフトキモナキ

ローマ字読み|大文字

TAMAKAZURA|KAKENUTOKINAKU|KOFUREDOMO|NANISHIKAIMONI|AFUTOKIMONAKI

ローマ字読み|小文字

tamakazura|kakenutokinaku|kofuredomo|nanishikaimoni|afutokimonaki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

支->友【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

たまかづら,[寛]たまかつら,
かけぬときなく[寛],
こふれども,[寛]こふれとも,
なにしかいもに,[寛]なにそもいもに,
あふときもなき[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました