万葉集3010番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3010番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3010番について

歌番号

3010番

原文

佐保川之|川浪不立|静雲|君二副而|明日兼欲得

訓読

佐保川の川波立たず静けくも君にたぐひて明日さへもがも

かな読み

さほがはの|かはなみたたず|しづけくも|きみにたぐひて|あすさへもがも

カタカナ読み

サホガハノ|カハナミタタズ|シヅケクモ|キミニタグヒテ|アスサヘモガモ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANO|KAHANAMITATAZU|SHIZUKEKUMO|KIMINITAGUHITE|ASUSAHEMOGAMO

ローマ字読み|小文字

sahogahano|kahanamitatazu|shizukekumo|kiminitaguhite|asusahemogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|序詞|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

さほがはの,[寛]さほかはの,
かはなみたたず,[寛]かはなみたたす,
しづけくも,[寛]しつけくも,
きみにたぐひて,[寛]きみにたくひて,
あすさへもがも,[寛]あすさへもかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました