万葉集3206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3206番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3206番について

歌番号

3206番

原文

筑紫道之|荒礒乃玉藻|苅鴨|君久|待不来

訓読

筑紫道の荒礒の玉藻刈るとかも君が久しく待てど来まさぬ

かな読み

つくしぢの|ありそのたまも|かるとかも|きみがひさしく|まてどきまさぬ

カタカナ読み

ツクシヂノ|アリソノタマモ|カルトカモ|キミガヒサシク|マテドキマサヌ

ローマ字読み|大文字

TSUKUSHIJINO|ARISONOTAMAMO|KARUTOKAMO|KIMIGAHISASHIKU|MATEDOKIMASANU

ローマ字読み|小文字

tsukushijino|arisonotamamo|karutokamo|kimigahisashiku|matedokimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|女歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

つくしぢの,[寛]つくしちの,
ありそのたまも,[寛]あらいそのたまも,
かるとかも,[寛]かりにかも,
きみがひさしく,[寛]きみかひさしく,
まてどきまさぬ,[寛]まてとこさらむ,
[左注]

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました