万葉集2903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2903番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2903番について

歌番号

2903番

原文

五十殿寸太|薄寸眉根乎|徒|令掻管|不相人可母

訓読

いとのきて薄き眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ人かも

かな読み

いとのきて|うすきまよねを|いたづらに|かかしめつつも|あはぬひとかも

カタカナ読み

イトノキテ|ウスキマヨネヲ|イタヅラニ|カカシメツツモ|アハヌヒトカモ

ローマ字読み|大文字

ITONOKITE|USUKIMAYONEO|ITAZURANI|KAKASHIMETSUTSUMO|AHANUHITOKAMO

ローマ字読み|小文字

itonokite|usukimayoneo|itazurani|kakashimetsutsumo|ahanuhitokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

いとのきて[寛],
うすきまよねを,[寛]うすきまゆねを,
いたづらに,[寛]いたつらに,
かかしめつつも[寛],
あはぬひとかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました