万葉集3188番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3188番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3188番について

歌番号

3188番

原文

朝霞|蒙山乎|越而去者|吾波将戀奈|至于相日

訓読

朝霞たなびく山を越えて去なば我れは恋ひむな逢はむ日までに

かな読み

あさがすみ|たなびくやまを|こえていなば|あれはこひむな|あはむひまでに

カタカナ読み

アサガスミ|タナビクヤマヲ|コエテイナバ|アレハコヒムナ|アハムヒマデニ

ローマ字読み|大文字

ASAGASUMI|TANABIKUYAMAO|KOETEINABA|AREHAKOHIMUNA|AHAMUHIMADENI

ローマ字読み|小文字

asagasumi|tanabikuyamao|koeteinaba|arehakohimuna|ahamuhimadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

別離|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あさがすみ,[寛]あさかすみ,
たなびくやまを,[寛]たなひくやまを,
こえていなば,[寛]こえていなは,
あれはこひむな,[寛]われはこひむな,
あはむひまでに,[寛]あはむひまてに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました