万葉集3128番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3128番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3128番について

歌番号

3128番

原文

吾妹子|夢見来|倭路|度瀬別|手向吾為

訓読

我妹子を夢に見え来と大和道の渡り瀬ごとに手向けぞ我がする

かな読み

わぎもこを|いめにみえこと|やまとぢの|わたりぜごとに|たむけぞわがする

カタカナ読み

ワギモコヲ|イメニミエコト|ヤマトヂノ|ワタリゼゴトニ|タムケゾワガスル

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKO|IMENIMIEKOTO|YAMATOJINO|WATARIZEGOTONI|TAMUKEZOWAGASURU

ローマ字読み|小文字

wagimoko|imenimiekoto|yamatojino|watarizegotoni|tamukezowagasuru

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|奈良|恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこを,[寛]わきもこを,
いめにみえこと,[寛]ゆめにみえこと,
やまとぢの,[寛]やまとちの,
わたりぜごとに,[寛]わたるせことに,
たむけぞわがする,[寛]たむけわれする,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました