万葉集2905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2905番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2905番について

歌番号

2905番

原文

幾|不生有命乎|戀管曽|吾者氣衝|人尓不所知

訓読

いくばくも生けらじ命を恋ひつつぞ我れは息づく人に知らえず

かな読み

いくばくも|いけらじいのちを|こひつつぞ|われはいきづく|ひとにしらえず

カタカナ読み

イクバクモ|イケラジイノチヲ|コヒツツゾ|ワレハイキヅク|ヒトニシラエズ

ローマ字読み|大文字

IKUBAKUMO|IKERAJIINOCHIO|KOHITSUTSUZO|WAREHAIKIZUKU|HITONISHIRAEZU

ローマ字読み|小文字

ikubakumo|ikerajiinochio|kohitsutsuzo|warehaikizuku|hitonishiraezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

いくばくも,[寛]いくはくも,
いけらじいのちを,[寛]いけらしいのちを,
こひつつぞ,[寛]こひつつそ,
われはいきづく,[寛]われはいきつく,
ひとにしらえず,[寛]ひとにしられす,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました