万葉集3046番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3046番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3046番について

歌番号

3046番

原文

左佐浪之|波越安蹔仁|落小雨|間文置而|吾不念國

訓読

楽浪の波越すあざに降る小雨間も置きて我が思はなくに

かな読み

ささなみの|なみこすあざに|ふるこさめ|あひだもおきて|わがおもはなくに

カタカナ読み

ササナミノ|ナミコスアザニ|フルコサメ|アヒダモオキテ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|NAMIKOSUAZANI|FURUKOSAME|AHIDAMOKITE|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

sasanamino|namikosuazani|furukosame|ahidamokite|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|地名|滋賀県|序詞

校異

特に無し

寛永版本

ささなみの[寛],
なみこすあざに,[寛]なみこすあさに,
ふるこさめ[寛],
あひだもおきて,[寛]あひたもおきて,
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました