万葉集3179番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3179番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3179番について

歌番号

3179番

原文

留西|人乎念尓|蜒野|居白雲|止時無

訓読

留まりにし人を思ふに秋津野に居る白雲のやむ時もなし

かな読み

とまりにし|ひとをおもふに|あきづのに|ゐるしらくもの|やむときもなし

カタカナ読み

トマリニシ|ヒトヲオモフニ|アキヅノニ|ヰルシラクモノ|ヤムトキモナシ

ローマ字読み|大文字

TOMARINISHI|HITOOMOFUNI|AKIZUNONI|IRUSHIRAKUMONO|YAMUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

tomarinishi|hitoomofuni|akizunoni|irushirakumono|yamutokimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|地名|和歌山|吉野|奈良|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

とまりにし[寛],
ひとをおもふに[寛],
あきづのに,[寛]あきつのに,
ゐるしらくもの[寛],
やむときもなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました