万葉集3202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3202番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3202番について

歌番号

3202番

原文

柔田津尓|舟乗<将>為跡|聞之苗|如何毛君之|所見不来将<有>

訓読

熟田津に舟乗りせむと聞きしなへ何ぞも君が見え来ずあるらむ

かな読み

にきたつに|ふなのりせむと|ききしなへ|なにぞもきみが|みえこずあるらむ

カタカナ読み

ニキタツニ|フナノリセムト|キキシナヘ|ナニゾモキミガ|ミエコズアルラム

ローマ字読み|大文字

NIKITATSUNI|FUNANORISEMUTO|KIKISHINAHE|NANIZOMOKIMIGA|MIEKOZUARURAMU

ローマ字読み|小文字

nikitatsuni|funanorisemuto|kikishinahe|nanizomokimiga|miekozuaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|松山|愛媛県|女歌

校異

時->将【西(朱筆左書】【紀】【細】【温】|者->有【元】【類】【紀】

寛永版本

にきたつに[寛],
ふなのりせむと[寛],
ききしなへ,[寛]ききしなへに,
なにぞもきみが,[寛]なにかもきみか,
みえこずあるらむ,[寛]みえこさるさむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました